「外車は故障しやすい」と噂されるのはなぜ?

外車の購入を
友人に相談したら、
「外車は壊れやすいからやめとけ」
と、助言を受けた方も
少なくないと思います。

 日本人は壊れない車に慣れすぎている?!

日本を代表するトヨタは、
世界的な自動車メーカーであり
「世界一壊れにくい」
と言われています。

トヨタに比べれば、
どの国の車も壊れやすい
イメージを抱くでしょう。

このことを
頭にいれた上で、

外車が壊れやすいと言われる
大きな原因2つを
ご紹介します。

気候の違い

q

日本は春夏秋冬があり、
高温多湿です。

そういった意味では
暑さにも寒さにも対応した車
であることが理想です。

寒冷地であるドイツの車は、
寒さ対策は申し分ないのですが、
暑さや湿気は、さほど重視されていません。

ですので、
日本でも多く走っている
ベンツ・BMW・フォルクスワーゲンといった
ドイツ車は、比較的 ゴム部品の
劣化が
目立つ傾向があります。

外車が壊れやすい
と言われる原因のひとつは、
「日本の気候に合っていない事」
が挙げられます。

性能の違い

w

日本は島国で
小さく 狭い国です。

細い狭い道が多く、
信号も多い
日本で軽自動車が人気なのは
税金や価格が安いのもありますが、
こういった国柄事情も関係しています。

一方外国は、
町と町との間が遠く、
ちょっと出るにもハイウェイを
走ることが多いです。

ハイウェイを何時間走っても疲れない、
強い馬力が自慢の外車を、
狭い日本で運転した場合、
本来持っている車の性能は
落ちてしまいます。

外車に乗る場合は、国産車よりも
気にしてメンテナンスする必要
があるでしょう。

それを怠らなければ、
噂されるほど故障は少ないといえます。

外車が壊れやすい
と言われるもうひとつの原因は、
「国柄事情による車性能の違い」
が挙げられます。

外車に限らず車は故障する

車は精密機械です。
どの車を購入するにも
故障の恐れはあります。

噂されるほど、
外車の故障は多くありません。

車は国産車も含め、
当たりハズレ
少なからずあります。

中古車で何年も故障がでない車もあれば、
新車でも故障がでる場合もあります。

大切なのは!
オイル交換やバッテリー交換、
運転に違和感があれば
車屋さんにみてもらうなど、
日々のメンテナンスを行い
大きな故障を予防することです。

関連記事 ⇒ 日本と外国、車の乗り方の違いはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オートインフォとは

オートインフォとは

あなたにピッタリの車を見つけます

あなたにピッタリの車を見つけます

車を買いたい

車を買いたい

車を売りたい

車を売りたい

当店おすすめ

  1. バンパーを 擦ってしまった... フェンダーが 凹んでしまった... 板金塗装を依頼…
  2. 外車の購入を 友人に相談したら、 「外車は壊れやすいからやめとけ」 と、助言を受けた方も 少…
  3. 冬の早朝は、 車のガラスが凍り始め、 運転の妨げになります。 出勤前、 氷を溶かすのに時…
  4. 「暖房や冷房を入れると燃費が悪くなる、、、」 車を運転されている方なら、少なくとも持っている知識か…
  5. 洗車をする際に、洗剤を使用して洗車をする方も多くいらっしゃると思います。 しかし洗車の際に、洗…

メーカーで検索する

メーカーで検索する

車種で検索する

車種で検索する
無料登録出張サービス
スタッフブログ

会員登録

ページ上部へ戻る