日本と外国、車の乗り方の違い

日本と外国では、
車の使い方と考え方
が違います。

車は、古くなった乗り換える!

日本では、
平均5~7年
10万キロ走ったらよく走っていると
乗り換えを検討する方が多く、
20万キロ走っている車のメーターを
みるのも稀です。

日本には車検制度もありますし、
日本車は世界的に群を抜く「壊れない車」です。

10万キロで乗り換えを検討中の方も、
「まだまだ走るけど・・・」
と、理解していることと思います。

確かに、自動車メーカーとしては、
そこそこで乗り換えて
新しい車を買って欲しい
のが本音ですから、
乗り換えを促しているのです。

実際に、ユーザーも
乗り換えを楽しみにしています。

新しいエコカーを減税し、
古い年式の車の税率を上げ
新しいものへの乗り換えを薦める
日本の政策も
影響しています。

表現が悪いかもしれませんが、
日本は、外国に比べると贅沢で
「使い捨ての習慣」がある
のかもしれません。

車は、古くなっても直して長く乗る!

外国では
10年,20年
10万キロ,20万キロと
同じ車に乗り続ける人が
多くいます。

新車に乗り換えなくとも、
部品を変えれば、
車の走るコンディションが良くなり、
20万キロ,30万キロも走れる
ことを知っているからです。

外国には
「直して長く使う習慣」
があり、
簡単な車の故障は
自身で直せる知識を持っている人が
多くいます。

外国では、
これと同じ発想で
自動車は作られています。

「外車は壊れやすい」はチョット違う!

外車のマイナートラブルが多く感じるのも、
国産車に乗っている我々からすれば、
本当のところですが、

車が走れなくなるトラブルは
そうそうありません。

外車が壊れやすいといわれる理由はコチラ!

↑↑を読んで頂いた上で、

ただ単に、
ポイントとなる部品、
摩耗・消耗しやすい部品の
交換時期が国産車に比べ早いだけです。

日本で、
外車が壊れやすいイメージが
定着しているのは、
そういった交換・メンテナンスをする
意識のない人が乗るから
ついてしまったイメージといえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オートインフォとは

オートインフォとは

あなたにピッタリの車を見つけます

あなたにピッタリの車を見つけます

車を買いたい

車を買いたい

車を売りたい

車を売りたい

当店おすすめ

  1. バンパーを 擦ってしまった... フェンダーが 凹んでしまった... 板金塗装を依頼…
  2. 外車の購入を 友人に相談したら、 「外車は壊れやすいからやめとけ」 と、助言を受けた方も 少…
  3. 冬の早朝は、 車のガラスが凍り始め、 運転の妨げになります。 出勤前、 氷を溶かすのに時…
  4. 「暖房や冷房を入れると燃費が悪くなる、、、」 車を運転されている方なら、少なくとも持っている知識か…
  5. 洗車をする際に、洗剤を使用して洗車をする方も多くいらっしゃると思います。 しかし洗車の際に、洗…

メーカーで検索する

メーカーで検索する

車種で検索する

車種で検索する
無料登録出張サービス
スタッフブログ

会員登録

ページ上部へ戻る