日本では、
18歳になれば
車の運転免許を
取得することができます。

なので、
未成年でも車を
所有することができます。

しかし、
未成年者が1人で
車を購入するのは難しく、
車屋さんに出向いても
親が一緒でなければ
売ってくれないのが常識です。

なぜなら、
親の許可なく
未成年者が単独で行った契約は、
法律上、契約として認められないからです。

車屋さんには、
親御さんと一緒にいきましょう!

未成年者の場合の必要書類

車を購入すると、
名義変更を行うことになりますが
所有者の名義を未成年者にする場合
通常の名義変更よりも
必要となる書類があります。

・同意書(親のもの)
・実印と印鑑証明(親のもの)
・戸籍謄本(未成年者のもの)

未成年者は
親の同意がなければ
車の売買、譲り受け・渡しはできません。

 

両親がいない場合は、
祖父母などの親権者
もしくは後見人がいます。

その方々の同意がなければ
名義変更をする事はできません。

両親の同意が得られないので
自分で同意書を記入する
という人もいますが、
同意書には印鑑証明・実印が
必要となりますので、
勝手にはできない事になっています。

※ 未成年でも既婚者の場合は、必要ない場合もあります。
 (既婚者は成年とみなされる為です)

軽自動車の場合

軽自動車の場合は、
印鑑証明書が必要ないので
未成年でも
簡単に所有者になることができます。

しかし、
上記でも述べているように
それが軽自動車であっても
未成年者が1人で
車を購入するのは難しく、
車屋さんに出向いても
親が一緒でなければ
売ってくれないのが常識です。

未成年者のローンについて

未成年者が車を購入するのは
金銭的に容易いことではありません。

未成年者が
ローンを組むこともできますが
保証人が必要であり、
未成年者でのローン契約は
(所有者を未成年者の名義にする場合)
金額によりますが
審査に通る確率が低いです。

親に費用を負担してもらい、
親に返済していく
いわゆる「親ローン」
購入するのが
賢明なやり方でしょう。
(所有者を親の名義にする場合)

注意する点

未成年が事故を起こしてしまった場合、
名義変更をしていなければ
車の所有者にも
責任が求められる事があります。

また、譲り渡す場合も
名義変更をしていないと
トラブルに巻き込まれる事がありますので、

未成年に車を運転させる際には
十分に注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オートインフォとは

オートインフォとは

あなたにピッタリの車を見つけます

あなたにピッタリの車を見つけます

車を買いたい

車を買いたい

車を売りたい

車を売りたい

当店おすすめ

  1. バンパーを 擦ってしまった... フェンダーが 凹んでしまった... 板金塗装を依頼…
  2. 外車の購入を 友人に相談したら、 「外車は壊れやすいからやめとけ」 と、助言を受けた方も 少…
  3. 冬の早朝は、 車のガラスが凍り始め、 運転の妨げになります。 出勤前、 氷を溶かすのに時…
  4. 「暖房や冷房を入れると燃費が悪くなる、、、」 車を運転されている方なら、少なくとも持っている知識か…
  5. 洗車をする際に、洗剤を使用して洗車をする方も多くいらっしゃると思います。 しかし洗車の際に、洗…

メーカーで検索する

メーカーで検索する

車種で検索する

車種で検索する
無料登録出張サービス
スタッフブログ

会員登録

ページ上部へ戻る