レギュラー・ハイオク・軽油の違い

ガソリンスタンドで
給油する際に、

レギュラー
ハイオク
軽油(ディーゼル)

と3種の燃料がありますが、
なにが違うのでしょうか?

大きくは、
ガソリンエンジンの
レギュラーハイオク

ディーゼルエンジンの
軽油(ディーゼル)
で分けられます。

エンジンの違いはコチラ

レギュラー

最もポピュラーなガソリンで
国産大衆車に
多く採用されています。

ハイオク

ガソリンに添加物を混ぜ
オクタン価といわれる
発火しにくくする値を上げて
つくられたガソリンです。

ハイ(Hight:高い)+オクタン価
=ハイオク

なぜハイオク(発火しにくい燃料)
が必要かというと、
ノッキングをさせない為です。

ノッキングとは・・・点火が早過ぎるなどの原因により、
エンジンが金属性の音や振動を発する現象全般を指す。

ノッキングしやすいエンジンとは
圧縮が強く、
燃焼温度が高い、
高性能エンジンのことです。

つまり、
外車などの高級車です!

これで高級車の燃料に
ハイオクが多い理由が
お分かり頂けたと思います。

軽油(ディーゼル)

軽油(ディーゼル)は
レギュラーなどと同じ
石油製品ですが、
ガソリンと軽油(ディーゼル)は
全く異なる燃料
です。

ガソリンは
常圧・常温でも燃えますが、
軽油は高圧・高温で
良く燃えるようになります。

つまり、
エネルギー効率が良く
大きなパワーになりますので

よりパワーが必要な
大型自動車(バス・トラック)
などの積載車に
多く採用されています。

エネルギーが強い順

レギュラーハイオク軽油(ディーゼル)

豆知識

レギュラー&ハイオクと
軽油(ディーゼル)とでは、
エンジンの仕組みが違う為、

ガソリン車に軽油を入れたり、
ディーゼル車にガソリンを入れると
車が故障してしまいます。

エンジンの違いはコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オートインフォとは

オートインフォとは

あなたにピッタリの車を見つけます

あなたにピッタリの車を見つけます

車を買いたい

車を買いたい

車を売りたい

車を売りたい

当店おすすめ

  1. バンパーを 擦ってしまった... フェンダーが 凹んでしまった... 板金塗装を依頼…
  2. 外車の購入を 友人に相談したら、 「外車は壊れやすいからやめとけ」 と、助言を受けた方も 少…
  3. 冬の早朝は、 車のガラスが凍り始め、 運転の妨げになります。 出勤前、 氷を溶かすのに時…
  4. 「暖房や冷房を入れると燃費が悪くなる、、、」 車を運転されている方なら、少なくとも持っている知識か…
  5. 洗車をする際に、洗剤を使用して洗車をする方も多くいらっしゃると思います。 しかし洗車の際に、洗…

メーカーで検索する

メーカーで検索する

車種で検索する

車種で検索する
無料登録出張サービス
スタッフブログ

会員登録

ページ上部へ戻る