ハイブリッドカーとは?

ハイブリッドカーとは?

ガソリンで動くエンジン電気で動くモーター
2つの動力をもっている車のことを

ハイブリッドカーといいます。

「ハイブリッド」という言葉は、
英語で「2つのものを掛け合わせる」という意味です。

そのためハイブリッドカーには、
モーターを動かすための電力をつくる発電機、
つくられた電気を蓄えておくバッテリー、
つくられた電気を上手に使うように調整するパワーコントロールユニットなど、
ガソリン車にはない機械が搭載されています。

燃費が良い理由

一般的なガソリンエンジン車のは、
速度が遅い時に燃費の効率が悪くなる
という特徴があります。

ハイブリッドカーは主に、
速度が遅い時は電気で動くモーターを使って走行し、
速度が早くなった時にはガソリンで動くエンジンに
自動で切り替えて走行する仕組みをとっています。

その為、
ガソリンの使う量を減らせ燃費が良くなり
排出ガスも少なくなるという
環境に優しい車になっています。

プリウスは1リットルのガソリンで、
40.8km走ることができます。
JC08モード走行燃費 国土交通省審査値)

技術

ハイブリッドカーは、
電気モーターとガソリンエンジンの2つが搭載されているため、
どうしても車体が重くなってしまいます

エンジンやモーターで効率よく走行できたとしても、
車体が重くなってしまうと
その分動かすのに大きなエネルギーが必要となり、
結局効率が悪くなってしまいます。

ですので、ハイブリッドカーは
燃費の向上のため様々な技術が盛り込まれています。

① 各部品の軽量化

ボディに薄い高張力鋼板やアルミのものを採用したり、
リアウインドウのガラスを薄いものにすることにより、車体の重量をできるだけ軽くし、
エンジン車と比べて1,2倍程度の総重量にまで抑えています。

② タイヤ

ハイブリッドカーではエンジンの動力を効率良くタイヤに伝えるために
タイヤの幅を狭めて燃費を向上させています。

しかし、あまりタイヤの接地面積を小さくすると安全性に支障がでるため、
その分タイヤの直径を大きくしてバランスをとることにも成功しています。

③ 車体の形

スピードが上がると空気抵抗も燃費に影響を与えるため、
できるだけ空気抵抗を減らす形に設計されている場合が多いです。

車体の下面にも平らなパーツを使用することにより、
自動車の中でもトップクラスの空気抵抗の低さを実現しています。

また、ブレーキを掛けたときのエネルギーを
蓄電バッテリーに充電する「回生エネルギー」も
新しい技術のひとつです。

ハイブリッドカーには動力部分だけではなく、
様々な部分で開発者の努力が搭載されているのです。

ハイブリッドカーのメリット&デメリットはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オートインフォとは

オートインフォとは

あなたにピッタリの車を見つけます

あなたにピッタリの車を見つけます

車を買いたい

車を買いたい

車を売りたい

車を売りたい

当店おすすめ

  1. バンパーを 擦ってしまった... フェンダーが 凹んでしまった... 板金塗装を依頼…
  2. 外車の購入を 友人に相談したら、 「外車は壊れやすいからやめとけ」 と、助言を受けた方も 少…
  3. 冬の早朝は、 車のガラスが凍り始め、 運転の妨げになります。 出勤前、 氷を溶かすのに時…
  4. 「暖房や冷房を入れると燃費が悪くなる、、、」 車を運転されている方なら、少なくとも持っている知識か…
  5. 洗車をする際に、洗剤を使用して洗車をする方も多くいらっしゃると思います。 しかし洗車の際に、洗…

メーカーで検索する

メーカーで検索する

車種で検索する

車種で検索する
無料登録出張サービス
スタッフブログ

会員登録

ページ上部へ戻る