【車の機能】寒冷地仕様

寒冷地仕様とは

北海道などの
寒冷地で快適に走行できる装備が備わっている仕様のことです。

主にオプションとして付け加えることができますが、

すべての自動車メーカーが
オプションとして寒冷地仕様を用意しているのではなく、
寒冷地仕様と同等の装備を
標準装備として販売しているメーカーも少なくありません。

寒冷地仕様あり
トヨタ・日産・ダイハツ・スズキ・三菱

寒冷地仕様なし(標準装備)
ホンダ・マツダ・スバル

また、輸入車も同様です。

寒冷地仕様車の装備

寒冷地仕様車には、
寒さにより車に及ぼすダメージを避けるために
様々な工夫が施してあります。

その一部をご紹介します。

① バッテリーの容量が大きい

寒冷地では、寒さのあまり
エンジンのかかりが悪くなることがあります。

そのような状況に対応するため、
バッテリーのサイズを大きくしたり
バッテリーを2個搭載するなどで対応します。

② ヒーター付きサイドミラー

サイドミラーが
曇ったり凍ってしまわないように
ヒーターを付けて防ぎます。

また、強めの車内暖房が設置されていたり
後部座席にもヒーターの噴出し口をつけて、
車内の暖房力をUPさせます。

③ ワイパーの強化

通常のワイパーはゴム製なので
寒いとゴムが硬化し、拭き取りの性能が落ちます。

そのためゴムの材質に変えたり、
幅を広くして対応し、拭き取りの性能を上げます。

また、
ワイパーが収納される部分に電熱線を入れ
ワイパー自体が凍らないようにしています。

④ ボディ下部にサビ止め剤

雪道を走ると、ボディの下がサビやすくなりますので
ボディー下部にサビ止め剤を施します。

⑤ 塗装

寒冷地では道路が凍結して危ないため
道路に凍結防止剤が撒かれます。

この凍結防止剤は
車の塗装を溶かしてしまうことがあるため
寒冷地仕様車の塗装は特別な塗料が使用されます。

温暖な気候の地域でも、寒冷地仕様車で走行していい?

結論から申し上げますと、
温暖な気候の地域であっても
寒冷地仕様車で走行しても問題ありません。

なぜなら寒冷地仕様は、
寒いとその性能を発揮できますが、
暑い地域でその装備が備わっていたら支障がでる
ということはないからです。

むしろ日本には四季がありますので、
住まいは寒冷地ではないけれども
冬の季節にはスノーボードに出かけるという方にとってみたら
嬉しい機能といえます。

寒冷地では、寒冷地仕様の車でないと走行できない?

結論から申し上げますと、
寒冷地仕様車でなくとも、寒冷地を走行できます。

しかし寒冷地では、
寒くても快適に走行するための装備が備わっていますので
寒冷地仕様車のほうがオススメです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オートインフォとは

オートインフォとは

あなたにピッタリの車を見つけます

あなたにピッタリの車を見つけます

車を買いたい

車を買いたい

車を売りたい

車を売りたい

当店おすすめ

  1. バンパーを 擦ってしまった... フェンダーが 凹んでしまった... 板金塗装を依頼…
  2. 外車の購入を 友人に相談したら、 「外車は壊れやすいからやめとけ」 と、助言を受けた方も 少…
  3. 冬の早朝は、 車のガラスが凍り始め、 運転の妨げになります。 出勤前、 氷を溶かすのに時…
  4. 「暖房や冷房を入れると燃費が悪くなる、、、」 車を運転されている方なら、少なくとも持っている知識か…
  5. 洗車をする際に、洗剤を使用して洗車をする方も多くいらっしゃると思います。 しかし洗車の際に、洗…

メーカーで検索する

メーカーで検索する

車種で検索する

車種で検索する
無料登録出張サービス
スタッフブログ

会員登録

ページ上部へ戻る